第七章 九郎義経(七十五) 「それは……」  動悸が激しく、手綱を握る手にも力が入らない。知盛は弟の名を呼ぶので精一杯であった。 「何があっても渡してはなりませぬ。そうでなければ汚名を...