岩崎恵美子氏
岩崎恵美子氏

新型コロナ 正しい知識とは? その予防策は?

 講 師 健康予防政策機構代表・医師 岩崎 恵美子氏

 演 題 「新型コロナにどう向き合うか ~感染症の正しい知識とその予防策~」

 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、2020年6月29日(月)30日(火)に定例会を開催します。今回は、新型コロナウイルス感染症に詳しい健康予防政策機構代表 岩崎恵美子氏を講師に迎え『新型コロナにどう向き合うか~感染症の正しい知識とその予防策~』と題してお話しいただきます。

 新型コロナウイルス感染症は中国・武漢市から広がり、瞬く間にパンデミック(世界的大流行)となりました。日本では政府の緊急事態宣言が解除され、経済活動が徐々に戻りつつあるものの、明確な終息の気配は見えていません。

 今回講師にお迎えする岩崎さんは、もともと耳鼻科医でしたが、熱帯医学を修めようと、途上国での医療活動に従事され、日本初の女性検疫所長に就任されました。その後、世界保健機関(WHO)の要請でウガンダ現地にてエボラ出血熱の診療・調査を行い、重症急性呼吸器症候群(SARS)発生時には、WHO主催SARS対策専門家世界会議に日本代表として出席されました。

 仙台市副市長を2年余り務められるなど行政経験もお持ちです。講演では、新興感染症のプロとして、新型コロナウイルスの正しい知識やその予防対策などについてお話いただきます。ご期待ください。

<岩崎 恵美子氏のプロフィール>

講師略歴 新潟県出身。新潟大医学部卒。元厚生省(当時)仙台検疫所長。元仙台市副市長。2008年に株式会社健康予防政策機構を設立し、代表に就任した。著書は「間違いだらけのインフルエンザ対策」など。

(本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

https://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/