第七章 九郎義経(八十)  井上黒は波打ち際を駆け抜け、遂にはざぶんと海に分け入り、舟を目指して突き進む。ふと気づいた時には、差し伸べられた無数の手に掴まれ、舟に引き上げられていた。 「...