青谷上寺地遺跡の男性頭蓋骨から復顔された弥生人(鳥取県提供)
青谷上寺地遺跡の男性頭蓋骨から復顔された弥生人(鳥取県提供)

 弥生人(1800年前)の脳が残っていたことで知られる青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町青谷)の男性頭蓋骨の復顔が完成し、鳥取県が30日、同市で開催されたシンポジウムで公開した。31日~11月7日は鳥取市あおや郷土館で展示する。

 頭蓋骨は2000年に出土、大脳が残っていた。30~40代の男性で、DNA型分析により、髪の毛が太く、父親は縄文系、母親は渡来系だったことが分かっている。お披露目式で平井伸治知事は「その辺りに居るお兄ちゃんのような顔で、間違いなくわれわれの祖先だと思う」と話した。

 遺跡の溝からは弥生時代後期(2世紀)の人骨が100体出土。傷が残る人骨も多く、魏志倭人伝が「倭(わ)国(こく)大乱」と記す戦乱期と時期が重なることが指摘されている。頭蓋骨は左眉付近に傷があり、頭部は切断後、焼かれていたことも新たに分かった。各遺体は溝に捨てられて埋まったと推定されている。

 復顔は国立科学博物館の坂上和弘・人類史研究グループ長が監修、京都芸術大の戸坂明日香准教授が制作した。