島根県は31日、新たに9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。30日の検査で判明し、内訳は江津市6人、出雲市3人。このうち江津市の5人は市内の高齢者福祉施設の利用者で、県は県内29例目のクラスター(感染者集団)に認定した。9人はいずれも軽症か無症状という。

 クラスターの感染者は、30日発表した浜田市の施設職員1人を含めた計6人。いずれもワクチン接種を2回受けていた。県は接触者が把握できているとして、施設名などを公表しない。

 県内の累計感染者は1716人となった。31日午前0時時点の入院者数は37人で、重症者は1人。即応病床(212床)の使用率は17・5%、確保病床(324床)の使用率は11・4%。自宅療養者1人、入院調整中5人、入院調整済み4人。宿泊療養者はいない。

 鳥取県で新規感染者はいなかった。31日午前0時時点の入院者数は6人で、確保病床(337床)の使用率は1・8%。宿泊・自宅療養者はいない。(森みずき)