ランの香りを楽しみ、華やかさに見入る来園者=鳥取県南部町鶴田、とっとり花回廊
ランの香りを楽しみ、華やかさに見入る来園者=鳥取県南部町鶴田、とっとり花回廊

 西日本最大級の花のテーマパーク・とっとり花回廊(鳥取県南部町鶴田)で13日、「らんまつり」が開幕した。オンシジウムやエピデンドラムなど10種類約2300株が妍(けん)を競い、来園者を魅了している。31日まで。

 春本番を迎える時季に毎年開催し、今回は「ランの打ち上げ花火」をテーマにした。園内のフラワードームを会場に色とりどりの洋ランが咲き乱れ、華やかな世界を演出。70株のコチョウランで立体的に表現した花火の大玉などが人目を引いている。

 マレーシアから米子工業高等専門学校(米子市彦名町)に留学中のワルダーさん(22)は「花回廊は大好きな所。特にランは母国でも見られないほど素晴らしい」と話し友人の留学生と楽しそうに観賞していた。

 営業課の戸田舞マネジャーは「春の訪れを感じてほしい」と来園を呼び掛けている。 (山根行雄)