動画制作に取り組む生徒=出雲市下横町、出雲農林高校
動画制作に取り組む生徒=出雲市下横町、出雲農林高校

 【出雲】島根県産の牛乳を多くの人に味わってもらおうと、出雲農林高校(出雲市下横町)の生徒が制作したCMが3月中旬から、テレビ、ラジオ、インターネットサイトで放送、配信されることになった。

 CMは動物科学科2年の女子生徒4人が、県牛乳消費拡大運動実行委員会の依頼を受けて制作。昨年11月から構成を考え、自ら出演しながら校内の牛舎で飼育する乳牛の世話をするシーンなどを撮影した。編集は外部業者が担い、15秒程度の映像に仕上がるという。

 落合七海さん(17)は「牛乳のおいしさをアピールしたい。畜産にも興味を持ってもらえたらうれしい」と話した。

  (井上雅子)