島根県庁
島根県庁

 島根県が24日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けた「まん延防止等重点措置」の適用を政府に対して初めて要請した。変異株「オミクロン株」の感染力の強さを考慮し、対象地域は県内全域とした。期間は27日から3週間を想定している。

 

 飲食店の営業時間の短縮、やむを得ない場合を除く都道府県をまたいだ移動の自粛、混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出を控えるよう求める。

 営業時間短縮に協力した飲食店(中小企業などを対象、1店舗1日当たり)への協力金について、感染対策が確保された「認証店」は営業時間を午後9時まで、酒類提供を可能とした場合で2万5千円~7万5千円、午後8時までの営業で酒類提供なしでは3万~10万円を支給。非認証店は午後8時まで、酒類提供なしで3万~10万円。

 丸山達也知事は療養者の増加が続くと医療提供体制に大きな支障が生じかねないとし「感染状況の早期改善に向け、感染防止対策を徹底してほしい」と求めた。