第九章 茜唄(七)  ――何とか知忠を止める手立てはないか。  希子はそう考え続けていた。知忠は己が、いや亡き父知盛が、何のためにこの物語を編んだのか、何故西仏に伝えるのかを知らない。知...