ヤムクシナイ(八雲町山越)から南の集落は村と呼ばれ、和人とアイヌの人々が一緒に暮らしていた。測量隊はいくつもの村を通って南下。昼はモナシベ村(同町栄浜)の京屋嘉兵衛宅で休憩し、夕方に鷲木(わし...