教育に新聞を生かす「NIE」の冬季セミナーが26日午後1時半から、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使い、オンラインで開催される。新聞を学習に生かす島根県内の小中学校、高校5校が学習成果を報告。参加者との意見交換もある。無料。申し込みが必要。

 県内の教員でつくる県NIE研究会主催。児童、生徒に新聞を読んでほしい、新聞を取り入れたいが何から始めればいいか分からないなど、関心のある教員らに参加を呼び掛けている。

 報告するのは、NIE実践指定校の松江市立津田小学校、奥出雲町立阿井小学校、大田市立大田西中学校、津和野町立津和野中学校、県立江津高校。それぞれ特色ある新聞活用法を知ることができる。

 意見交換では、島根県内の学校などに勤務するNIEアドバイザーの教員、新聞記者と参加者で、よりよいNIEの方法を考える。

 参加希望者は25日午後5時までに山陰中央新報社NIE担当にメール(nie@sanin-chuo.co.jp)する。問い合わせは同担当、電話0852(32)3414(平日のみ)。