鳥海 高太朗氏
鳥海 高太朗氏

航空業界の現状、今後を徹底解説!

 講 師 航空・旅行アナリスト 鳥海 高太朗氏
 演 題 「コロナ後のエアライン」

 山陰中央新報社の「米子境港政経クラブ」「島根政経懇話会」は、5月16日(月)17日(火)に定例会を開催します。今回は航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんを講師に迎え、「コロナ後のエアライン」と題してお話しいただきます。

 新型コロナウイルスの感染拡大で最も大きな打撃を受けた業界の一つに航空業界があります。パンデミックの発生から2年以上が経過しましたが、需要に回復傾向がみられたかと思うと、感染拡大によって再び低迷するなど“低空飛行”が続いています。

 そのような中、今回講師に迎える鳥海さんはテレビ、ラジオの情報番組に多数出演し、航空関係や旅行の解説を行っておられます。専門は航空会社のマーケティング戦略で、「飛行機旅行をもっと楽しくする」をモットーにした情報サイト「ひこ旅」も運営しておられます。

 講演では、航空業界の実情や再開のめどが立っていない「Go To トラベル」の見通しをはじめ、コロナ収束後の国内外旅行、インバウンドの行方などについて解説していただく予定です。ご期待ください。
 

<鳥海 高太朗氏のプロフィール>
講師略歴 1978年千葉県生まれ。成城大経済学部経営学科卒。城西国際大大学院国際アドミニストレーション研究科修士課程修了。食品会社、城西国際大観光学部助手を経て現職。専門は航空会社のマーケティング戦略。テレビやラジオの情報番組に多数出演し航空関係や旅行の解説を行う。著書は「エアラインの奇跡」「天草エアラインの奇跡」「コロナ後のエアライン」など多数。


(本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ
https://www.sanin-chuo.co.jp/page/seikeikon/