旧大社駅舎と蒸気機関車を模したカステラ=出雲市大社町杵築南、松露庵
旧大社駅舎と蒸気機関車を模したカステラ=出雲市大社町杵築南、松露庵

 出雲大社近くにあるベビーカステラ専門店・松露庵出雲店(出雲市大社町杵築南)が、国の重要文化財のJR旧大社駅(同市大社町北荒木)と、駅に展示するD51形蒸気機関車(SL)を模したカステラの販売を始めた。大正期に建てられた駅舎とSLの特徴を表現し、魅力をPRしている。

 出雲市、JR西日本米子支社、山陰中央新報社で構成する大社駅はじまりプロジェクト実行委員会が、歴史ある駅舎を生かした土産として企画し、松露庵の協力を得て商品化。クリーム、あんこなど4種類で、純和風の左右対称の外観が特徴の駅舎とSLの車体や車輪の細部を、長さ10センチ、厚さ2センチの生地で表した。松露庵の内野奈々子店長(35)は「出雲大社観光で訪れた際に味わっていただき、旧大社駅の魅力に触れてほしい」と話した。

 プレーンタイプが300円で、そのほかは350円。開店時間は午前9時半~午後6時で年中無休。問い合わせは電話0853(25)9460。駅舎は2025年度までの計画で修理中。

 (石倉俊直)