2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員河井克行被告(58)=自民離党、衆院広島3区=が事件の責任を取り、議員辞職する意向を周辺...