第三章 相国墜つ(十八) 「それで良い。そのまま来るな……と」  父は今の知盛の状況を良く解っている。盛国が呼ぼうとした際も引き留めたらしい。 「左様か」  知盛は短く答えて、新院で...