松江市消防本部庁舎(資料)
松江市消防本部庁舎(資料)

 松江市は13日、市消防本部の消防士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市在住で、年代、性別は非公表。島根県内で確認された感染者は累計550人となった。

 消防士は、既に感染が確認された同居人の濃厚接触者として12日にPCR検査を受け、陽性と分かった。無症状という。接触者15人については、14日までに検査する。

 感染可能期間に当たる9日以降、業務を通じた市民との接触はなかった。同消防本部によると、接触のあった職員を勤務から外した上で、通常の出動態勢を確保しているという。