2050年の脱炭素社会実現に向け、政府や企業が燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素の本格活用に向けた動きを加速させている。車や船、発電の燃料として有望視されるが、コスト削減や安定調達な...