参加者は5班に分かれて意見交換。遺跡の活性化策として「(銀山を)研究したい人に数多く来てもらう」と研究者や学生の招へいを進める案、人口維持のため若年層の移住・定住の重要性を説く声が上がり、地域...