おいしそうにマグロカツを味わう園児〓(?)境港市中野町、あがりみち保育園
おいしそうにマグロカツを味わう園児〓(?)境港市中野町、あがりみち保育園

 山陰最大の漁業基地・境漁港で6月上旬に水揚げが始まったクロマグロが18日、地元の境港市内の保育園児と幼稚園児に提供された。食育活動の一環で、給食の時間に子どもたちが脂の乗った旬の味覚を堪能した。

 市と水産関係者でつくる境港天然本マグロPR推進協議会が連携して実施。協議会が約1200食分に当たる新鮮なクロマグロ約56キロを無償で市内13園に提供した。

 同市中野町のあがりみち保育園では、調理師が約90人分のマグロカツを用意。園児は保育士から水揚げの様子が分かる写真を見せてもらった後、早速味わい「すごく軟らかい」「おいしい味がする」と笑顔を見せた。 (園慎太郎)