浜田市の久保田章市市長(70)=2期、無所属=が21日、任期満了に伴う10月10日告示、17日投開票の市長選に3選を目指して立候補する考えを正式表明した。既に市議の1人も出馬表明しており、選挙戦になる見通し。

 21日の市議会6月定例会議の一般質問に対する答弁で「(新型コロナウイルスの)ワクチン接種に全力で取り組んだ。64歳以下の人も9月末までにほぼ完了できる見通しで、スケジュールを示せた」と強調。若者の定住促進策などに継続して取り組む必要があるとし「3期を目指し出馬することを表明する」と述べた。

 久保田氏は浜田高、東京大を卒業し、横浜国立大大学院博士課程を単位取得退学。銀行勤務や大学院教授などを経て2013年10月の市長選で初当選し、17年10月に再選された。

 市長選を巡っては、市議の西川真午氏(54)が無所属での出馬を表明している。 (勝部浩文)