東日本大震災の多くの被災地では、地震から津波が到達するまで30分以上の猶予があった。多数の人命が失われた結果に「避難できていれば助かったはず」と悔やむ声が今も絶えない。遺族や住民が、ほかの地域...