若者が大麻に手を出すケースが近年急増している。全国的な傾向で、島根県でも2020年までの5年間で検挙人数が9倍の18人に増えた。会員制交流サイト(SNS)で「草」「野菜」などと隠語で呼ばれて入...