JR西日本は、遮断機や警報機のない「第4種踏切」の安全対策として、通行者が自ら開けるゲートを開発したと発表した。廃止したり遮断機を付けたりして解消を進めているが、地元の同意に時間がかかるケース...