凍(い)てつく冬の墓地を著者が訪ねるシーンから本書は始まる。そこに眠るのは栗(くり)城(き)史多(のぶかず)。七大陸最高峰踏破に挑む若き登山家として一時は脚光を一身に浴びていた人物だ。  自...