第六章 水島の戦い(二十四)  相手も連戦を経て京を落とした者ども。この段になると眼前の敵を屠(ほふ)るだけと腹を括ったようで、そう容易くは崩れることなく踏み留まっている。 「待て。まだ...