【55】  第二章 平家一門(三十)  平田入道のような者ばかりならばどれほどよいだろうと思った。いや、もしそうならばここまで平家が苦境に立つこともなかっただろう。せめて一人でもいることを喜ぶ...