1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級で金メダルに輝いた古賀稔彦さんが24日、53歳の生涯を閉じた。豪快な背負い投げで相手を仕留めるスタイルで「平成の三四郎」の異名を取ったスター選手は記...