「戦車兵に憧れた愛国少年」が戦争の現実におののいた。松江市竹矢町の安江英彦さん(85)は1945年7月28日の大山口列車空襲の惨状を目の当たりにした。乗客の悲鳴、線路に落ちる血、客車デッキに折...