<3>インドの言葉

 インドの言葉と文化は、長い間の社会経済の交流の影響を受けてきました。数百の言葉が話されている、世界で2番目に言語的な多様性のある国家です。インドでは少なくとも65の字体があり、およそ450の言語と1500の方言が話されていると推定されています。「言語」と「方言」の違いがあいまいなため、数は推測であり、正確な数字ではありません。インド憲法では、22の地域言語を公的なものとしており、これらは指定言語と呼ばれます。これらの言語は州レベルで活用されており、ウッタルプラデーシュ州とマディヤプラデーシュ州のヒンディー語、西ベンガル州のベンガル語、アーンドラ・プラデーシュ州とテランガーナ州のテルグ語、タミル・ナードゥ州のタミル語、ケララ州のマラヤーラム語などがあります。

 ヒンディー語がインドの国語だといった誤解がありますが、ヒンディー語は1つの公的に認定されている言語、中央レベルの政府・行政で使われている主要言語というだけの位置づけです。ヒンディー語は、インドで一番よく話されている言葉で、特に北インドで使われています。インド憲法では、『国語』としての位置づけはどの言語にも与えられていません。

 英語は、準公用語としての位置づけをされ、インド全土で公的な場や高等教育の目的で活用されています。インドを観光で訪れる場合は、有名な観光地であれば英語でのコミュニケーションでほぼ問題ありません。

 タミル・ナードゥ州で話されているタミル語は少なくとも2000年の歴史を持ち、インドで今も残っている言語で一番古いと言われています。タミル語はスリランカとシンガポールでも公用語です。

 インドの言語のほとんどは3500年の歴史があるといわれる古典言語であるサンスクリット語の影響を受けています。サンスクリット語は、ヴェーダ、ラーマーヤナ、マハーバーラタといったヒンドゥー教の教典が書かれている言語であり、ヒンドゥー教の儀式のほとんどは、この言語で行われるため、宗教的な言語とも認識されています。サンスクリット語はごく少数の人にしか使われていないにもかかわらず、ヒンドゥー教の儀式のほとんどが今日でもサンスクリット語で行われているのは興味深いことです。

 このインドの言語の多様さを体験するため、インドに来てみてください。インドの強さは、確かに”多様性の中の繋がり”であると驚くと思います。

(インド政府認定ヒンディー語講師:Kasibhala Madhuri=松江市在住)(翻訳:悦喜 友利乃 (えき ゆりの))

 

NO.3 “ Languages of India”

Indian languages and culture have long been influenced by socio economic exchanges through the centuries. It is the second most linguistically diverse nation with a few hundred different languages being spoken. It is estimated that around 450 languages and 1500 dialects are spoken in India with at least 65 different scripts. Due to the ambiguity between the terms language and dialect, the number is an estimate and not a perfect figure. The constitution of India recognizes 22 regional languages with an official status and they are referred to as scheduled languages. These languages are used at the state level. For example, Hindi in Uttar Pradesh and Madhya Pradesh, Bengali in West Bengal, Telugu in Andhra Pradesh and Telangana, Tamil in Tamilnadu, Malayalam in Kerala, etc.

Despite the misconception that Hindi is the national language of India, it is only an official language and the primary language used for official and administration purposes at the central level. Hindi is the most widely spoken language in India especially in North India. The status of “National Language” is not given to any language by the Constitution of India.

English is given the sub-official language status and is used all over the country for official and higher-education purposes. Most of the foreign tourists manage just fine by communicating in English when they visit popular tourist destinations.

Tamil spoken in the state of Tamilnadu is believed to be the oldest surviving language with a history of at least 2000 years. It is also an official language in Sri Lanka and Singapore.

Most of the Indian languages are influenced by Sanskrit, the classical language that is believed to be 3500 years old. Sanskrit is also seen as a sacred language as ancient Hindu religious scripts such as Vedas, Ramayana, and Mahabharata are written in it and most of the Hindu rituals are performed in this language. Though it is spoken by only a tiny number of people, it is interesting to note that most of the Hindu rituals are performed in Sanskrit even today.

Please visit India to experience this linguistic diversity and you would be surprised to see for yourself that the strength of India is indeed “Unity in Diversity”.

(Kasibhala Madhuri)