【41】  第二章 平家一門(十六)  だが人が天に寄り添うことは出来ても、操ることなど能(あた)うはずもない。父は国の営みを農耕だけに頼るのは危ういことと考えた。故に、福原からの日宋貿易を盛...