【48】  第二章 平家一門(二十三)  ――目を覚ませ。  馬の鬣(たてがみ)に鼻先が触れるほど身を倒し、知盛は心中で呼び掛けた。  戦場で一騎打ちを行うか否かは時と場合に拠(よ)る。だ...