鳥取県大山町大山の大休峠付近で吹雪による視界不良のため自力下山できなくなった無職男性(67)が9日、救助された。琴浦大山署によると、男性にけがはない。

 同署によると、男性は8日午後6時25分ごろ、家族を通じて救助を求めた。9日午前7時から同署員や鳥取県山岳・スポーツクライミング協会会員ら10人が捜索し午後1時、大休峠の避難小屋付近で男性を発見した。発見地点は推定2メートルの積雪があったという。

 同署によると、男性は冬山登山歴が10年以上あり、十分な防寒対策を取り、登山届を提出していた。