【46】  第二章 平家一門(二十一) 「兄者なら問題ない」  馬上の教経が鞣(なめし)革(がわ)のような頬を緩めた。 「ああ、任せておけ。頼むぞ」 「おう」  教経は勇ましく応じると...