台風14号の予想進路(16日21時現在)
台風14号の予想進路(16日21時現在)

 台風14号が17日夜から18日明け方にかけて、山陰両県に最接近する。17日夜から局地的に雷を伴う激しい雨が降る見込みで、台風の勢力や進路によっては、警報級の大雨や暴風となる恐れがある。

 松江、鳥取両地方気象台によると、17日に予想される最大風速は島根県全域の陸上で18メートル、海上で23メートル。鳥取県全域の陸上で18メートル、海上で20メートル。1時間降水量は多い所で、島根県東部と西部で40ミリ、隠岐で25ミリ、鳥取県全域で30ミリ。17日午後6時からの24時間降水量は隠岐を除く山陰両県で100~150ミリ、隠岐で50~100ミリの見込み。雨は18日午後ごろまで続く。

 17日の空の便は、出雲空港と福岡空港を結ぶ計3便が欠航。高速バスは、松江、出雲、米子と、広島方面、九州方面を結ぶ計9本が運休する。出雲市教育委員会は17日、市立小中学校全49校で終業時間を早め、給食後に完全下校とする。

 島根県庁で16日にあった関係課長会議で奈良省吾防災部長は「外出を控え、危険な場所には近づかないでほしい」と呼び掛けた。 (片山皓平)