環境、経済産業両省の有識者検討会は25日、風力発電所の新設時に環境影響評価(アセスメント)を義務付ける対象を「出力1万キロワット以上」から「5万キロワット以上」に緩和することを了承した。再生可...