新型コロナウイルスの流行「第6波」による医療逼迫(ひっぱく)に備え、鳥取県は12日、宿泊療養施設の一部を「臨時の医療施設」として運用する方針を明らかにした。患者の受け入れ体制を強化し、負担軽減...