14日午前7時20分ごろ、江津市波子町の島根県立石見海浜公園にある大崎鼻灯台付近で、通りがかった海上保安部職員が体長約1メートルのクマ1頭を目撃した。県は周辺27ヘクタールを封鎖。市や指定管理者と巡回したが、クマを発見できなかった。

 県や市によると、大崎鼻灯台に向かう遊歩道にいたという。目撃現場の近くにはクマのふんが残り、樹木に爪痕があったという。

 封鎖区域の近くには江津市立川波小学校(江津市敬川町)があり、市教育委員会が波子町から通学する児童について当面、スクールバスで送迎することを決めた。

 県などは、15日以降も安全確認のため巡回を続ける予定で、封鎖の解除時期は未定としている。 (福新大雄)