最高裁は18日、重要な司法判断を掲載する公式資料「判例集」のうち、1948~97年に言い渡した大法廷判決の12件に、判決文の原本と異なる誤りが119カ所見つかったと正式に発表した。共同通信が指...