第七章 九郎義経(七十三)  重衡は全軍の残る力を結集し、範頼軍に逆に突撃を掛けた。予期せぬ反攻に範頼軍は浮足立ち、大勢を立て直すために一度兵を退いた。それこそが重衡の狙いで、その隙に生野...