小伊津海岸の洗濯岩周辺を歩く参加者=出雲市小伊津町
小伊津海岸の洗濯岩周辺を歩く参加者=出雲市小伊津町

 【出雲】出雲国風土記に佐香郷(さかのさと)と記される一畑薬師(出雲市小境町)周辺を巡る「出雲SAKAウオーク」が24日あり、県内外から参加した約200人が、一畑路の名所や島根半島のジオパークを歩いて満喫した。

 一畑薬師山上発着で風土記ゆかりの神社などを回る健康祈願コース、伊野地区の秋の味覚堪能コースなど計4コースがあり、7キロから13キロの道のりを4時間かけて歩いた。

 1番人気の小伊津海岸コースには約80人が参加した。絶好の秋空の下、思い思いのペースで山道や海岸沿いを歩き汗を流した。

 巨岩がご神体の立石(たていわ)神社(同市坂浦町)、小伊津海岸の洗濯岩(同市小伊津町)では、ジオパークの認定ガイドが歴史や地質の特徴を説明。松江市下東川津町から参加した公務員の三原麻衣子さん(33)は「立石神社の厳かな雰囲気に感動した。気持ちよく秋の風景を楽しめた」と話した。

 ウオークは新型コロナ下でも健康増進、地域活性化に貢献できるイベントとして、出雲観光協会が昨年から開催している。 (三原教史)