本書で著者は、これまで武器としてきた性的な描写を排除している。代わりに多用しているのは、「ぐい」「ちりちり」「じゅっ」―登場人物たちの心の内側に生じるさまざまな音だ。それらは自分が大切にしてい...