松江城を築き、松江の町を造り上げた堀尾吉晴(1543~1611年)のことは、松江城天守の国宝指定や松江開府400年祭によって広く知られるようになりました。しかし、それらの事柄の多くは吉晴が出雲国(島根県東部)にやって来てからのことであり、当地方では吉晴の前半生について知られていないことが多くあります。

 吉晴は現在の愛知県丹羽郡大口町で生まれ、16歳の時に織田信長の軍勢と戦い...