東京電力は自社初の原発建設に向け福島県大熊、双葉両町で測量を続けていた1964年、並行して大熊町側の民有地取得のため県知事に買収の仲介を依頼。県開発公社による地元住民との交渉が始まっていた。 ...