「蟹取県」をPRする(左から)まひるさん、平井伸治鳥取県知事、入江聖奈さんら=東京都港区、六本木ヒルズ
「蟹取県」をPRする(左から)まひるさん、平井伸治鳥取県知事、入江聖奈さんら=東京都港区、六本木ヒルズ

 境漁港で水揚げ量日本一を誇るカニの漁期に合わせ「蟹取(かにとり)県」をうたう鳥取県が19日、東京都港区の六本木ヒルズでPRイベントを開いた。東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストの入江聖奈選手(21)=日体大、米子市出身=と、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひるさん(28)=大山町出身=がゲスト参加し、魅力を語った。

 カニを模した帽子をかぶって登場した入江選手は、平井伸治知事からカニを贈られ「帰るたびに変わらない場所。常にそこに故郷があることで安心する」とふるさとへの思いを述べた。

 まひるさんは「カニをはじめ、おいしいものがあるので、ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けた。

 県は19、20の両日、六本木ヒルズで物産展を開催。カニみそバーニャカウダや砂丘らっきょうなど100点以上の特産品を並べるほか、直送の松葉ガニを使う「活(い)き松葉ガニ釣り」体験を企画した。

 施設内のフレンチ、日本料理、中華料理など13店舗では12月2日まで「松葉ガニのパエリア」「星空舞のおむすび御膳」「鳥取和牛ロースステーキ」といった県産食材による特別メニューを提供する。

 (白築昂)