短歌 宮里 勝子選 砂時計きっちり落ちてふたをとるかまめしの香が腹をくすぐる   飯 南 石飛 静子  【評】羽(は)釜(がま)か土鍋で弱火から強火にして途中決して蓋を取らないという炊き方で...