島根県庁
島根県庁

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、島根県が家庭ごみの捨て方に、改めて注意を促す。使用済みのマスクやティッシュはウイルスが付着している恐れがあり、適切な扱いが重要。収集する人たちに感染を広げることがないように、心遣いを呼び掛ける。

 感染が広がり、自宅療養する感染者や自宅待機する濃厚接触者も今後増加が見込まれることを背景に、常にコロナの汚染物に接触する危険があるごみ収集従事者の心身の負担は高まっている。

 ポイントは、業者が回収する際に中身が飛び出ないよう、袋の空気を抜いてしっかりとしばる▽マスクやティッシュのごみは直接触れないように捨て、ごみ捨て後は手をよく洗う▽ごみが袋の外面に触れたり、袋が破れたりした場合は袋を二重にして出す-など。

 県廃棄物対策課の神村好信・施設整備グループリーダーは「収集に携わる人に配慮したごみ出しの徹底をお願いしたい」と話した。

  (勝部浩文)