石浦は何もできなかった。立ち合いで千大のもろ手突きをまともに受け、土俵際まで大きく後退。両足がそろい、抵抗できずに突き出された。