隠岐は豊昇の右喉輪を左であてがって外し、すかさず左四つ。最初の右上手投げは残されたが、相手の左下手投げを2度目の上手投げで打ち返して仕留めた。