食を調うとは、それ食の法たるは、もと身を資(たす)けて道を進まんがためなり。 (『天台小止観』)    <解説>飲食を調えるとは、道を進ませるため。食事の取り過ぎは血管を...