島根県教育委員会は20日、県内の公立高校入試の一般出願について、新型コロナウイルスに感染するなどし、出願が間に合わない受験生の受付期間を延長すると発表した。

 受験生本人や保護者が新型コロナウイルスに感染、もしくは濃厚接触者の判定を受け、一般出願期限の2月1日正午までに、出願書類をそろえられない場合が対象。受験生は在籍する学校を通じて、受験先の学校と県教委に申し出る。延長する期間や対応は、個々の事情を協議して決める。

  (広木優弥)